食いしばり、歯ぎしりについて

Category : スタッフブログDate :

みなさんこんにちは~(^^)

今回は食いしばりや歯ぎしりが歯へ及ぼす影響についてお話したいと思います!☆

 

人は誰でも力を入れるときに歯を食いしばります。

こうした一時的な食いしばりはさほど大きな問題にはなりませんが

日常の何気ない場面で歯を食いしばったり睡眠中はもちろん、

日中も歯ぎしりをしてしまっている方がよくいらっしゃいます。

これらはお口の中に様々な問題を引き起こします。

 

~食いしばり、歯ぎしりが引き起こす様々なトラブル~

①歯がすりへる

歯が磨り減って歯の噛む面の溝がなくなります

②歯が折れる

歯の根にヒビが入りそこから歯が折れます

③歯が傾く移動する

④治療した装着物が壊れる

⑤知覚過敏で歯がしみる

⑥歯を支えている骨が溶ける

 

などたくさんあります。。。

 

~食いしばり、歯ぎしりの治療法~

まずは常にしっかり意識をしましょう

お口を閉じているときは上の歯と下の歯は当たらないのが正常です!

また、寝ているときに歯ぎしりをしてしまう方や、スポーツなどで歯を食いしばる機会が多い方には

マウスピースを使っていただくことをおすすめします。

 

 

歯ぎしりでお困りの方やマウスピースに興味のある方はスタッフまでご相談ください(^O^)★

カテゴリー

PAGETOP