産前・産後の治療について。

Category : スタッフブログDate :

妊娠中は、レントゲンや麻酔の影響が気になるところ。歯科のレントゲンは、放射線量が極めて少なく、虫歯の治療で使用する麻酔は、少量の居所麻酔なので心配はありませんが、妊娠中の時期によって注意が必要な事もあります。

治療を受ける際は、妊娠している事(週期)を伝え早産の可能性など何かあればお話いただけると良いです。また、歯科治療受ける前に産科の先生に確認をされてのよいかと思います。

妊娠初期(16週位まで)

安定期にはいるまでは、緊張やストレスのある治療や長時間の治療避けて、応急処置を中心に行います。また、薬にも注意が必要です。

妊娠中期(17~28週位まで)

安定期は、ほぼ通常の治療ができます。産後は治療に通いにくい時期がありますので、体調が良ければこの時期に行うことをお勧めします。

妊娠後期

出産を控え、子宮に血液が集まりはじめます。そのため、治療中に貧血になる事もあります。体勢や席の角度に気をつける必要があります。また、ストレスなどにより早産の恐れもありますので、出来るだけ軽めな治療にとどめておきましょう。

産後

産後は、精神的に不安定になりがちで、ストレスもたまりやすくなります。

心身ともに負担にならない治療を受けるようにしましょう。

母乳に影響のある薬もありますので注意が必要です。授乳中である事を伝えるようにしましょう。

カテゴリー

PAGETOP