二次むし歯の原因(つめもの)

Category : スタッフブログDate :

治療したからといって安心は禁物!!

実は、むし歯は治療した箇所こそ注意が必要。なぜなら、「つめもの」をしたところは、

様々な理由により再びむし歯になってしまうリスクが大変高いのです。こうしてできてしまう

むし歯を「二次むし歯」といいます。

 

①そもそもむし歯になりやすいところである

むし歯の原因となるプラークがたまりやすかったり、ブラッシングしにくい部分であることが多く、

再度むし歯になってしまう可能性が高くなります。

②「つめもの」は形がとても複雑

つめものは複雑な形状になりやすいため、完全に隙間をなくすことは非常に困難。

さらに、長年の使用によるすり減りなどによって、少しずつ段差や隙間ができてしまいます。

こうした隙間に虫歯菌が入り込むことにより、二次むし歯となってしますのです。

③接着剤が少しずつ溶けていく

接着剤はそれ自体が隙間を埋める効果も持っていますが、お口の中で長年使用すると、どうしても

少しずつ溶けてしまいます。そこに隙間ができ、プラークがたまって二次むし歯になってしまいます

 

カテゴリー

PAGETOP