インプラント症例9

Category :

Before After

  • Before

  • After

  • Before

  • After

部位

右上1

主訴

前歯がきたない。咬みあわせが悪い、顎がずれる。

現症

過去の治療と習癖により奥歯の咬みあわせがずれてしまっています。
その結果、前歯の正中線も右に2.5mmほどずれてしまっていました。
この状態が続くと顎の関節に無理がかかるため顎関節症になり、顎関節から音がして
痛みがでたり、重症化すると口が開かなくなったりします。
噛み合わせ治療が必要です。

治療

右上1は根が折れていて保存不可能な状態だったので抜歯、即日インプラントを埋入。
左右奥歯を治療しなおしてかみ合わせを改善、正中線を修復しました。
右上1はインプラント支台のオールセラミック冠、右上2もオールセラミック冠にし、奥歯はジルコニア冠で修復しました。
歯周病のせいで歯肉の色が悪かったので、歯周病治療を施し歯肉状態を改善しました。

コメント

【年代】30代
【性別】女性
【治療内容】前歯インプラント1本、前歯・奥歯セラミック6本
【治療期間】約1年2ヶ月
【治療費】インプラント:370,000円、セラミック:480,000円
【デメリット】
・外科手術が必要になるため、患者様に体力的な負担がかかります
・保険診療ではないので、治療費が高くなります

カテゴリー

PAGETOP