小さなお子様は、治療に対して大人では想像もつかないような恐怖があります。
子供のころは、私も「歯医者さんは怖い!」と思っていました。
歯科特有の匂いや音、知らない人や場所・・・。
大人ですら怖いと思ってしまうこともあるのですから、当然ですね。

お子様は、スタッフの表情や周囲の器具などを注意深く観察しているものです。
ですから、こちらからお子様の心の中に入り込めるよう、コミュニケーションを大切にしています。
一方的に治療を押しつけるのではなく、きちんとお話しすること。

私自身、3人の子供を育ててきた経験がありますので、子供の心理については理解しています。
ですから、不安を抱えて診療室に入って来るお子様の気持ちを和らげることが自然と上手になりました。

これだけは経験が功を奏します。
泣いて治療ができないお子様もぜひお連れください。
頑張ったあとには、お子様が喜ぶようなご褒美も用意してあります。

PAGETOP