サイナスリフト

サイナスとは、副鼻腔のひとつである上顎洞のことです。

上顎の小臼歯部、大臼歯部の直上、クルミ大の空洞になっていて風邪などから炎症が波及して蓄膿症を起こす場所です。
ほとんどの人が、上顎の臼歯の根が上顎洞に近接していたり洞内に入り込んでいます。
自分の組織なので問題ないのですが、インプラント体をそこに突き刺すわけにはいきません。
インプラント埋入に先立って、上顎洞粘膜を少し持ち上げ人工骨を補填して12mmや14mmといったインプラント体が十分埋まるだけの骨の厚みを造成する処置をサイナスリフトといいます。

ソケットリフト

サイナスリフトと同じく上顎にインプラントを入れる際、骨の厚みが少なく埋入できない場合に行う手術です。

オステオトームやソケットリフターとよばれる専用の器具を使って、上顎洞底部の骨を押し上げ、押し上げた部分に人工骨を入れる手術です。
サイナスリフトとの違いはインプラントを埋める孔から処置する場合をソケットリフト、上方の頬部の骨を開窓して人工骨を填入する場合をサイナスリフトといいます。
通常ソケットリフトのほうが侵襲が少ないのでまずはソケットリフトを検討します。
元の骨が5mm程度以上あり、初期固定が得られる場合はソケットリフトができます。
骨が脆弱であったり4mm以下の厚みであったりする場合はサイナスリフトになります。

リッジエキスパンジョン

インプラント体は、元々あった歯と同じ位置に埋めるのが理想ですが、歯を失うと歯槽骨はどんどん吸収してその高さ・幅が減少してゆきます。
幅の細くなった骨に埋めるために骨を押し広げて、埋めるためのスペースを作りインプラントを固定するテクニックです。

フラップレスサージェリー

インプラントを埋めるときに、まず粘膜を切開・剥離して骨を直視できるようにしてから孔を開けますが粘膜を切り開くと術後、痛みや感染の危険が増えます。
それを避けるために予め3DCTなどで、埋入位置・方向をシュミレーションしておくことで粘膜の剥離をおこなわず、粘膜上から埋入孔を開けることで侵襲を少なくできるメリットのある方法です。

オステオトームテクニック

骨は、表面の皮質骨・内部の海綿骨とに分かれますが、海綿骨は意外に柔らかく金属の棒で押すとへこんでくれます。
孔を開けるときドリルで開けるといろいろなデメリットがあるので、金属の棒状、針状のオステオトームという器具を使い、押したり・もんだりして孔を開けます。
骨を圧縮することにより周りが硬くなったり、膨れて盛り上がったりして骨が少なくなりません。
骨が少なかったり、ソケットリフトをするときなど有効なテクニックです。

歯肉移植術

インプラントで歯を入れたとき機能的のみならず、美容的に自然な歯茎の形態である必要があります。
場合によっては、不自然な歯肉形態を改善するため隣の歯肉を一部分切り取り、足りない箇所に引っ張り再付着することで歯肉形態を改善できる場合があります。
また口蓋部の粘膜から切り取って移植したりすることもあります。

スプリットクレスト

リッジエキスパンジョンと同じく骨の厚みが薄くそのままではインプラントが埋入できないような症例のとき使うテクニックです。

たとえば骨の厚みが3mmの場合、4mmの直径のインプラントは入りようがありません。
そこで3mmの骨を2枚に割り、広げていきその2枚の隙間に埋めようということです。
2枚に分割するときは細いタービンバーを使って表面の硬い皮質骨にスリットを入れ、ボーンスリッター・エキスパンダーなどで徐々に押し開いてゆきます。
途中で骨が割れることがありますが、当院独自の方法でインプラント体と一緒に割れた骨も固定してリカバリーすると、6ヵ月後には完全にしっかりくっついてくれます。

ソケットプリザーベーション

抜歯したあとの歯槽骨が吸収することを防ぐために抜歯した直後、穴の中に人工骨などを填入しておく方法です。

インプラント治療についてもっと詳しく

PAGETOP