歯周病は治る病気です。当院では”結果をだす歯周病治療”、”治癒の実感のある治療”を行っています。

他院で効果が出ない方是非一度ご相談ください。

気づかないうちに進行する歯周病

歯周病を放置し、歯を失ってしまった方の例

歯周病とは、歯ぐきなどの歯を支える土台が、歯垢に含まれている「歯周病菌(細菌)」によって破壊される病気です。
そのまま放置すれば、歯を失ってしまいます。
歯周病は、歯肉が赤くなって腫れる”歯肉炎”から発症に気づいたりします。
その後、歯磨き時やちょっと硬いものを食べても出血するようになり、口も臭い始めます。
このあたりから、歯周病菌による歯槽骨の破壊が始まり、歯にぐらつきが生じていくのです。
歯を失うことは、”生活の質そのもの”の低下に繋がります。

例えば、おいしい食事の時間がストレスの時間に変わってしまいます。
また、歯を失い発音が悪くなると、人前でしゃべることに抵抗を感じる方もいらっしゃいます。
歯周病の怖いところは、虫歯と違って、自覚症状がほとんどないところ。
腫れたり膿が出たりして歯周病を自覚する頃には、ほとんどの場合がすでに手遅れなのです。 日本人・成人の約8割がかかっているともいわれる、歯周病。
あなたのお口は大丈夫ですか?

さらに歯周病が進行すれば、全身疾患の原因に繋がります

「歯周病で歯が抜けてしまっても、入れ歯やインプラントにすればいい」
あなたはそんな風に思っていませんか?
歯周病がさらに進行すれば、脳梗塞・心筋梗塞など、様々な全身症状に発展する場合があります。
歯周病によって引き起こされる全身疾患の例をいくつか挙げます。

症状

誤嚥性肺炎を引き起こします

「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」とは、細菌が唾液や胃液と共に肺に流れ込んで生じる肺炎のこと。
ちなみに、肺炎はわが国の65歳以上の死亡原因第1位です。
この肺炎の大部分は、誤嚥性肺炎だと言われています。

糖尿病の発症に深く関連しています

最近の研究では、血糖コントロールに影響を及ぼしていることがわかっています。

骨粗しょう症に関連しています

発症に共通点があり歯槽骨の骨密度から全身の骨密度、骨粗しょう症の診断をするという研究が進められています

メタボリックシンドロームと関わっているといわれています

早産、低体重時出産を引き起こす原因のひとつです

歯周病の人は、ガンの発生確率が増加することが最近の研究で証明されています

歯周病歴のある男性医療専門家を対象にした長期研究(※)で、歯周病患者が、がんを患う可能性が全体的に14%高いことが判明しました。
研究では「喫煙その他のリスク要因を考慮した上でも、歯周病は肺や腎臓、すい臓、血液のがんのリスク増大と大きな関連性があった」としています。
※ロンドン・インペリアルカレッジのドミニク・ミショー博士の論文による

その他、関連していると言われている疾患

頭痛、副鼻腔炎、顔面神経痛、肩腰の痛み、高血圧、手足のしびれ、胃腸障害、バージャー病(※)、湿疹などが起こりうるといわれています。
※バージャー病とは…手足の指の冷感やしびれ感、蒼白化に始まり、疼痛などを伴った後、ついには壊死に陥ることもある病気。

歯周病をこれ以上進行させないために

もし歯周病がこの世の中からなくなれば、人間の平均寿命は何年も長くなると予想されます。
実際、アメリカで退役軍人を対象にした統計で、口腔内を清潔に除菌してみると平均寿命が伸びることがわかりました。
このように、歯周病は単に歯を失うだけでなく、様々な全身疾患に発展します。
また、直接的な原因になることが分かっています。
たかが歯周病。されど歯周病。
この病気が全身に飛散する前に、治療にお越しください。
当院では、予防歯科にも力を入れております。

当院での歯周病治療について

当院の歯周病治療では

  • 口腔内除菌内科療法
  • 3DS
  • PDT光殺菌治療

の3つが治療の柱になっています。
いずれも海外の大学病院などで実施されている最先端の科学的なエビデンスに基づいた治療です。
外科的な侵襲を極力伴わない、痛みのない優しい治療です。
すでに3000人以上の方に実施されていてしっかり取り組んだ方は満足な結果が得られています。

より詳しく歯周病治療について知りたい方は以下のページをご覧ください

PAGETOP